シトルリンの効果は研究者お墨付き!

さて、ここまでシトルリン(とアルギニン)の効果についてあれこれと調べてきましたが、効果のほどが実際に証明されているのかどうかというのは気になるところですよね。

もちろん、商品として販売されているんだから効果がないわけありませんが、それでも私みたいにちょっと飲んでみた感想を書いているような素人が「効果がありますよ!実体験で実証済み!」なんて言ってもいまいち信憑性がないですよね。

ですがシトルリンは科学的にもしっかり効果のほどが実証されているので安心して使用することができます!イタリアのフォッジャ大学の研究では、1ヶ月間シトルリンを摂取することで勃起不全(ED)が改善されたという研究結果が出ました。また、日本の名古屋大学ではマウスにシトルリンを投与することで血液中の一酸化窒素の増加と勃起不全の改善が実証されたんだそうです。

血中の一酸化窒素が増えることでエネルギーを運ぶ効果が増強されたり眼が冴えた感覚になるというのは前回の記事でもご紹介しましたね!まさかマウスにもED改善の効果が見られるなんて驚きですね…。というかマウスってEDになるのかな?

 

シトルリン摂取によるセックスのパフォーマンス向上

さて、ペニス増大のためには下半身に血液を集中させる必要があると言うことは男性なら誰しもがしっている常識かと思いますが、ペニスは多くの血管が張り巡らされている『海綿体』という組織でつくられています。そこへ血液がスムーズに供給されるかどうかでサイズや持続性などに大きな影響を与えます。

つまり、血管拡張効果のあるシトルリン(とアルギニン)は下半身の強化において密接な関係があるということはここまで読んでくださったかたなら察しがつくかと思います。また、シトルリンには血管の拡張による血流改善だけではなく、精力増強や運動機能向上の効果も確認されているのだそうです。これは血中の一酸化窒素が増加することによるものですね。

そのため、ただ単に下半身のサイズアップ効果があるというだけではなく、精力増強によってセックスの頻度が高くなることや複数回の行為に及べるだけの体力が豊かな生活もとい”性活”の後押しをしてくれるというわけですね。これは若いころは元気だったのに…という悩みを抱える男性にとってはとても嬉しいことですし、パートナーにとっても、もしも貴方に物足りなさを感じていたのであればこれを機に満足させてあげられることだって可能だということです。

もちろん、体力がつくことでメリットになるのはセックスだけではありません。シトルリンを研究した結果では身体機能そのものの向上が確認できたため、運動のパフォーマンスそのものに向上の様子が見られたということです。運動のあとの筋肉疲労などの回復力も向上したというデータもあり、スポーツマンにとっても嬉しい成分だったということですね。

ちなみにオナニーをすると50メートル走を全力で走ったのと同じくらいの疲労が蓄積されるなんて話、どこか聞いたことありませんか?なにを身も蓋もないことを…と私も思っていましたが、実はこれは冗談ではなく本当の話みたいなんです。まぁ、オナニーと50メートル走の関係はどうなのか分かりませんが、実際にセックスをしている最中の体内は運動をしているときと同じようにエネルギーを消費して疲れが蓄積されるんだそう。そのため、身体機能そのものを向上させることでセックスのパフォーマンスも上がるということなんですって。なるほど、そう考えると理にかなった理由ですね。

 

パート4へつづく