みなさん、こんにちは!

40代のあなた。

もうすぐ40代を迎えるあなた。

最近、『太りやすくなった』『おなかの脂肪がつきやすくなった』と思ったりしませんか?

それはきっと男性ホルモンの分泌量が減少しているからかもしれません。

40代からは男性ホルモンの分泌量がどんどん落ちていき、基礎代謝が低くなってしまいます。

すると体に脂肪がつきやすく、食べたらすぐ太ってしまいます。

今回は男性ホルモンの分泌量が減少してしまう原因についてご紹介したいと思います。

 

男性ホルモンが減少してしまう3つの理由

男性ホルモンが減少してしまう理由は大きく3つの原因が考えられます。

1.加齢
2.筋肉量の減少、脂肪の増加
3.ストレス

 

加齢

加齢

男性ホルモンは年齢を重ねるごとに減少していきます。

加齢による男性ホルモンの減少は仕方ないことで、これはどんな人にも起きることです。

男性ホルモンの分泌量がピークを迎えるのは20代の半ばで、それ以降はスピードは人それぞれですが確実に男性ホルモンが減少していきます。

その減少スピードに大きく影響を与えるのが、筋肉量の減少と脂肪部の増加、そしてストレスです。

これらをうまくコントロールすることによって、男性ホルモンの減少スピードを抑えることができます。

 

筋肉量の減少と脂肪分の増加

男性ホルモンが減少してしまう原因の2つ目は筋肉量の減少と脂肪分の増加です。

男性ホルモンには筋肉量を増やし、男らしい肉体を作る作用があるので、男性ホルモンが減少すると自然に筋肉量も落ちてしまうのです。

筋肉量が落ちてしまうと基礎代謝も落ちて、体に脂肪がつきやすくなります。

そして脂肪が増加すると男性ホルモンがさらに減少していくという負のスパイラルに陥ります。

これを防ぐために、食べ物やサプリなどで男性ホルモンを増やしたり

筋トレや運動によって男性ホルモンの分泌量を増やす必要があります。

 

男性ホルモンとメタボ

男性ホルモンとメタボ

男性ホルモンの減少は筋肉量が落ちて脂肪が増えます。

すると内臓脂肪が増加して、おなか周りの脂肪の増加につながります。

この状態をいわゆるメタボ(メタボリックシンドローム)といいます。

これがさらに進行していくと高血圧、高血糖、脂質異常症を引き起こし、動脈硬化を進行させてしまいます。

 

動脈硬化は脳卒中、心臓病のリスクを高める

心臓を抑える男性

40代~70代のメタボリックシンドロームは、その予備軍を含めると

2,000万人以上、およそ2人に1人がメタボ二が該当するといわれております。

加齢と共に自然に男性ホルモンの分泌量が減っていきますので

基礎代謝をあげて、脂肪がつきにくい体作りは健康のためにもとても大切です。

私のオススメの方法としては増大サプリを飲みつつ、自宅で筋トレをすることです。

ペニス増大サプリにはほとんどのサプリに以下の成分が含まれています。

シトルリン・アルギニン・亜鉛・マカ・トンカットアリ

これらの成分はテストステロン(男性ホルモン)の分泌促進に役立つ成分です。

ですので筋トレでテストステロンを増やして、ペニス増大サプリを飲むとペニス増大効果はもちろん、

男性ホルモンが増えることで基礎代謝もあがり、健康にも良いです。

つまり健康になりつつ、ペニスも大きくできるので一石二鳥です。

 

ストレス

ストレスによって自律神経のバランスが乱れると男性ホルモンが減少します。

自律神経は交感神経と副交感神経があり、ストレスがかかると交感神経が優位になり

リラックスしたり、心が落ち着く環境にいると副交感神経が優位になります。

副交感神経が優位であると男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

つまり常にストレスを感じている状態だと、男性は男性ホルモンの分泌量が落ちていくということです。

 

日本人の男性は、40歳前後を境に急激に男性ホルモン値を減少させていきます。

逆に60歳以降の男性ホルモン値のほうが多いという結果も出ていて、40歳以降に職場で感じるストレスがいかに大きいものであるかを想像させますね。

 

ストレスを解消する方法は人によってさまざまですが

運動したり、読書をしたり、好きな音楽を聴いたり、趣味に興じたり

自分のリラックスできる方法でストレスを解消しましょう。

ペニス増大をより確実なものにするには心身共に健康的な状態が望ましいですね。